Menu

退職理由を調べてみよう

IT職の退職理由は人によって異なりますが、特にエンジニアの数が少ない職場においては、残業やオーバーワークといった問題から退職を考える人が少なくありません。例えば、プログラミングやシステム開発などに携わる職種は、納期の直前に徹夜で仕事をこなしたり、1か月間の休日が少なくなったりする傾向があり、エンジニアの離職率の高さにつながっています。一方、人間関係や業務などに不満はないものの、よりよい収入で働くために退職を検討する人も増えているのが現状です。各地のIT企業では優秀な人材の流出を防ぐため、様々な対策が行われています。年齢や性別などにかかわらず働きやすい環境が整っているIT企業では、定期的に一人ひとりのエンジニアとの面談を行ったり、育児休暇や介護休暇などを取得しやすくしたり、社員の定着率を高めようとする動きが見られるのです。

なお、新人研修が満足に行われていない職場では、スキルが十分に身につかないことが退職の直接の要因となっている場合があります。そのようなこともあって、新人のエンジニアと年齢が近いエンジニアに研修を任せたり、体系的な研修制度を導入したりしている、長期的なキャリアアップを図れる企業に対するニーズが高まってきているのです。もし、IT職として働きやすい職場を見極めたいのであれば、専門の転職サイトを利用し、様々な経験者の退職理由をチェックしておくことが大切となってきます。場合によっては、企業に縛られない仕事方法を選んでみるのもいいかもしれません。